01



ある晩、クロスフィットのジムに迷い込んだ猫。一夜で去るかと思いきや、なんとジムに残り人間のお友達を激励することを決断した。

 
クロスフィットとは、日常動作(ファンクショナルムーブメント)を中心に毎回異なったトレーニングを高い強度で行う欧米で大人気のファンクショナルトレーニングプログラムです。基礎運動要素を10個に分け、それぞれ万遍なくトレーニングをするのが特徴で、歩く・走る・起き上がる・拾う・持ち上げる・押す・引く・跳ぶなど、日常生活で繰り返し行う動作をベースにしたトレーニングにより、基礎体力アップとともに生活動作が楽になるのを実感できます。

そのトラ猫先生がジムに現れたのは2ヶ月前。ワークアウトに励む人々の間をのっそりのっそり歩いていたという。

会員の一人は彼が現れてからの1週間、ワークアウトに熱が入ったという。「仕事が終わってさっさと帰って寝たいときでも、ジムに行くという決断ができた」そうだ。

猫先生の突然の来訪は会員たちのトレーニングへのモチベーションを高めることにつながった。ジムのオーナーは猫がジムに住み着くことを歓迎し、またそれによってネズミが現れる心配もなくなった。

02


あるコーチが猫をLBと名付けた。トラ猫先生はまるでジムのオーナーであるかのように新居を散歩している。

定期的にネズミを捕まえるところをレップスの間に見かけることはあっても邪魔になるわけではないということで、会員たちも特に気にとめる様子もない。

03


LBはジムでトレーニングに勤しむ人々をまるでネズミでも見るかのように観察するのが好きらしい。そして会員はもう少し頑張ろうという気になる。

04


時折会員とじゃれあうこともあり、あるときはウォーミングアップ中の会員と遊び、またあるときはネズミを探しているという。猫先生はもはやジムのマスコットなのだった。

05


ある会員はこう言った。
「この猫は僕を励ますためにジムに来たんだ。僕は本当は怠け者だけど、それよりも猫への愛情は強いから」と。

05




  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑この記事が気に入ったらポチッと押してもらえるとうれしいですm(__)m