03

車のエンジンから救出された「トシミツ・カイジュウ」さん。怪獣どころかそれはそれは見事なカウチポテト族へと進化したという。


01


孤児だった子猫が家族と出会ったのはおよそ1年前。ネット掲示板Imgurのユーザー・culverdriveさんは2016年5月のある夜に車から猫の鳴き声がするのを聞いた。最初、そこで見たものを信じられなかった。なんと小さな子猫が車のエンジンに引っかかり、自力で脱出できなくなっていたのだった。

子猫は無事に助け出されたが、それより早くどうやら子猫のほうで今後の住まいを決めていたようだった。

02


子猫はとても臆病で、何か音がするとすぐにカウチの下へと逃げ込んでいたという。

「お腹いっぱい食べておもちゃを見つけると、トシは僕らと遊ぶようになった」

03


トシと家族はカウチで過ごすことが多くなり、そこはやがてトシにとって最も居心地のいい場所になっていった。

トシは家族の膝に飛び乗るとすぐに寝息を立てるという。

04


テレビを見ているお父さんの肩の上で寝ることも。

05


トシにとって最もお気に入りの時間は、家族と一緒に快適なカウチで過ごす時間だ。

06


もうヘトヘト。

07


初めて来た頃はカウチの下に隠れていたのが、いまではすっかりカウチの上を自分の寝床と主張している。

08


カウチ監察官。

09


1年前に車のエンジンで発見された子猫はこうして、いまではすっかり可愛らしいカウチポテト族となり、家族に愛される存在になった。

10




  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑この記事が気に入ったらポチッと押してもらえるとうれしいですm(__)m