4


心を打つ、一枚の写真。それらはフォトグラファーが培ったスキルや被写体自身のものも含む涙ぐましいほどの努力と、フォトショップを初めとする技術の産物でもある。

同時にその舞台裏は、Instagramで毎日素晴らしい日常を投稿している誰かを羨ましがる必要などないということを教えてくれる。


1.
1


2.
2


3.
3


4.
4


5.
5


6.
6


7.
7


8.
8


9.
9


10.
10


11.
11


12.
12


13.
13


14.
14


15.
15


16.
16




  ブログランキング・にほんブログ村へ
↑この記事が気に入ったらポチッと押してもらえるとうれしいですm(__)m