Meh No Mae

今日も誰かの目の前で起きている素敵なワンシーン。海外サイトから動物の話題を中心に紹介します。

    動物

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    5


    動物愛護団体Kitten Ladyのハンナ・ショウは2匹の子猫を保護した。そのうち、クロエと名付けられた子猫は下肢が麻痺していた。

    ハンナたちが救出したその子猫は虐待されていた疑いがあった。


    【治療の見込みがないと宣告された下半身不随の子猫に起きた奇跡】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    3


    猫は昼寝をする生き物だ。そして日光浴を好む。

    人間であれば日光浴はビタミンDを生成するという役目があるが、猫にとってはそうではない。元来砂漠の生き物であった猫は熱に強く、人間よりも体温が高い。その代謝の高さゆえに、日中の睡眠が必須となっている。そして代謝熱の高さゆえに、猫は日光や温かい場所でも快適に過ごすことができるようになっている。

    いずれにせよ猫と太陽は特別な関係にあるということだ。そして今日紹介するのは、太陽に祝福されし生き物である猫たちのいる風景だ。


    【太陽を愛する猫のいる風景】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    5


    ある公園で17歳の猫が85歳の女性と友達になった。この出会いによって女性の顔に笑顔が戻っただけでなく、お互いに若々しさを取り戻したようでさえあった。

    猫の名前はダーウィン。猫の17歳は、人間にあてはめれば84歳に相当する。


    【85歳の老人と17歳の老猫が運命的に出会った結果...】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    3


    トラウマに苦しむある若き帰還兵がいた。彼が死を決意するまさにその直前、野良猫がやってきて彼の脚にそっと触れ…そして彼の命は救われた。野良猫の名前はスカウト。 


    【PTSDに苦しむ帰還兵を救った猫が姿を消した。そして数ヶ月後…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    00


    寝ている親クマの横で仔グマが陽気に手を振っているこの写真は、フィリップ・マラッツィさんという写真家が撮影したもの。

    本業は医師であるというマラッツィさんがカナダのマニトバ州へ旅行した際に撮影したもので、2016年・野生動物の笑える写真コンテストで決勝にまで進出した。

    この類の写真が世界中のフォトショ職人を刺激しないはずがなく、多くの作品(?)が作られた。その一部を見ていこう。


    【愛想よく手を振る白クマの写真がフォトショ職人の魂に火をつけた】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    道端で傷ついた猫を放っておけず、自宅でお世話することにしたピアニスト。猫たちは今や最も熱心なオーディエンスであり、家族でもある。その数なんと9匹!


    【傷ついた猫を引き取ったピアニストと猫の共演】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    desktop-1494988357


    この写真は、写真家のアビナッシュ・ローディさんが撮影したもの。猿の群れを撮影しようとインドのジャバルプルを訪れた際、目の前で起きていることを見届けようと腰を下ろした。 【子供の亡骸を抱えた母猿の嘆きを写した一枚の写真】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    たまたま通りがかった一戸建ての家の屋根上に犬がいるのを見つけたら、あなたはどうするだろうか?危険を感じ、飼い主に知らせようと思う心優しい人もいるだろう。



    【屋根の上が好きな犬。あまりにも心配する人が多かったので家族は…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1


    ユーチューバーのテイラー・ニコル・ディーンさん(Taylor Nicole Dean)がTwitterに投稿したヤモリの写真が話題になっている。親友を得た喜びが満面の笑顔に現れていて、見ているこちらまで微笑んでしまう。

    ヤモリの名前は琥珀さん。飼い主は日本人だ。


    【ズッ友だょ…!親友を得たヤモリの喜びっぷりが半端ない】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    3


    ある男性が、ガールフレンドに「私とやり直したかったら猫を捨てなさい」と最後通牒を突きつけられた。

    そして男性は心を決めた。


    【元カノ「私と猫、どっちをとるの?」結果…】の続きを読む

    このページのトップヘ