00


寝ている親クマの横で仔グマが陽気に手を振っているこの写真は、フィリップ・マラッツィさんという写真家が撮影したもの。

本業は医師であるというマラッツィさんがカナダのマニトバ州へ旅行した際に撮影したもので、2016年・野生動物の笑える写真コンテストで決勝にまで進出した。

この類の写真が世界中のフォトショ職人を刺激しないはずがなく、多くの作品(?)が作られた。その一部を見ていこう。


【愛想よく手を振る白クマの写真がフォトショ職人の魂に火をつけた】の続きを読む